アニメのすべてが、ここにある。 AnimeJapan 2017 2017.3.23[THU]-26[SUN]


セミナーステージ

自由観覧型のセミナーステージは著名なクリエイターから実践的な講義を受けられるワークショップ形式の「クリエイター体験講座」や、「進路相談ステージ」を開催。

ビジネスセミナーはこちらから

クリエイター体験講座
受講について

3月25日(土)

11:50 〜 12:50

  • PWG特別講座

アニメの「監督」について

自由観覧

    登壇者:
    静野孔文(劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』監督)
    内容:
    静野監督が考える「アニメの監督とは?」

    海外作品制作の経験も豊富な静野監督がこれまで携わってきた監督という仕事についてお話し頂きます。
    プロフィール:
    2005年北米にて放送された「G.I. Joe SIGMA6」の総監督を契機に、日本国内にとどまらないグローバルな活躍を続けるアニメーション監督。
    2011年、劇場版15周年となる「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」以降、劇場版「名探偵コナン」の監督を続けている。
    主な監督作品は『G.I. Joe SIGMA6(U.S TVシリーズ)』、『ARMORED CORE FORT TOWER SONG(OVA)』、『劇場版名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』、2017年『劇場版名探偵コナンから紅の恋歌(ラブレター)』とアニメーション映画『GODZILLA』の公開が控えている。

    静野孔文

    15:20 〜 16:50

    • 進路相談ステージ

    「絵が描けなくてもできるアニメのお仕事」ステージ

    自由観覧

      登壇者:
      バンダイビジュアル 成澤和也
      ぴえろ 福井洋介
      SuperGroupies 伊藤菜見子
      ランティス 佐橋計
      内容:
      絵が描けなくてもアニメに関わることが出来るお仕事とは?
      業界で働く先輩方から、学校では教えてくれないアニメ制作周辺のお仕事を紹介!

      3月26日(日)

      12:05 〜 13:35

      • クリエイター体験講座

      アニメの「企画」について

      事前課題提出

        講師:
        森下勝司
        内容:
        アニメの「企画」を立てることとは?

        プロダクション・アイジーの森下氏が、アニメづくりを中心に、映像制作物の「企画」について講座を開いて頂きます。
        プロフィール:
        2002年5月入社、同年6月企画室室長、2010年年8月取締役就任。
        また2014年10月に設立されたグループ会社である「シグナル・エムディ」の代表取締役社長も兼任。
        主な作品は、「進撃の巨人」、「攻殻機動隊ARISE」シリーズ、「黒子のバスケ」シリーズ、「ハイキュー!!」シリーズ、「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」。
        カンヌ国際映画祭にノミネートされた「イノセンス」では、アソシエイトプロデューサーとしてクレジットされている。
        最新作は「ひるね姫~知らないワタシの物語~」「劇場版黒子のバスケ LAST GAME」「ATOM THE BEGINNING」そしてシアトリカル・ライブ第3弾「新・義経千本桜」。

        森下勝司

        15:00 〜 16:30

        • クリエイター体験講座

        アニメの「動画」を描いてみよう

        事前課題提出

          講師:
          舘野仁美
          内容:
          アニメの「動画」体験講座。

          アニメーターの入口でありながら、アニメーションの生命線でもある「動画」。
          スタジオジブリで動画チェックを歴任してこられた舘野さんの指導のもと、受講者には動画(中割)に挑戦して頂きます。
          プロフィール:
          『となりのトトロ』から『思い出のマーニー』まで、1987年より27年間、スタジオジブリで動画チェックを歴任。
          現在は西荻窪のカフェでオーナーシェフを務めている。
          著書に『エンピツ戦記ー誰も知らなかったスタジオジブリ』。

          舘野仁美

          「クリエイター体験講座」受講について

          以下のクリエイター体験講座に着席して受講できる方は、「課題」を提出し、審査に通った方となります。
          着席受講人数は講座により異なります。※無料
          ※課題の提出がなくても、当日会場に余裕がある場合は立ち見での受講も可能です。

          • 課題提出期間:2月1日(水)~2月23日(木)2月27日(月)ご好評につき締め切りを延長いたします。
          • 合否連絡:3月10日(金)
          • ※合格者のみAnimeJapan運営事務局よりご連絡致します。
          • ※AnimeJapan 2017会場への入場には、入場券が必要ですので、お買い求めの上、ご入場ください。

          3月26日(日)12:05-13:35:森下勝司(アニメの〈企画〉について)

          課題:
          これまでの森下氏が関わってきた作品について、400文字程度(原稿用紙1枚分)で感想文を提出してください。
          • ●対象作品 ※以下のいずれか1点を選択の上、ご提出ください
          • アニメ
            『進撃の巨人』 / 『攻殻機動隊ARISE』シリーズ / 『黒子のバスケ』シリーズ /『ハイキュー!!』シリーズ / 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』
          • シアトリカル・ライブ
            『みつあみの神様』/『Relic ~tale of the last ninja~』

          ※事前課題受付は終了しました。
          着席受講人数:36名

          3月26日(日)15:00-16:30:舘野仁美(アニメの〈動画〉を書いてみよう)

          課題:
          「背景」と「シチュエーション」を組み合わせた「手描きのイラスト」を提出してください。
          組み合わせは自由です。
          絵の上手さを判断するものではありません。自由に描いたイラストをお待ちしています。
          • ●背景
            ①海辺、②住宅街、③室内
          • ●シチュエーション
            ①子供が買い物に向かおうとしている、②女の子が学校帰りに寄り道している、③男性が誰かを待っている

          ※事前課題受付は終了しました。
          着席受講人数:24名
          ※当日は動画(中割)を実際に描いて頂きます。また、受講に必要な道具はこちらでご用意致します。